もう悩まない♪ライフスタイルを
改善するニオイ攻略法

SCENE12スーツ編

気になるスーツのニオイ対策は
日々のメンテナンスが大切

靴や下駄箱などが原因の玄関臭は、ニオイの〝蓄積〟をシャットアウト

不快なニオイに気がつくと「自分のニオイだった……」という経験はありませんか? とくに毎日のクリーニングが難しいスーツは、日頃の汗やタバコ、飲食店での油や煙のニオイが染み付いて悪臭の原因になります。汗(酢酸・アンモニア)は、汗をかいたあとに放置することで雑菌が繁殖してニオイのもとになり、タバコや油、煙などのニオイは、スーツの繊維に付着する「油煙」がニオイのもと。スーツの繊維1本1本に吸着するため、なかなかニオイがとれません。また、繊維に羊毛を利用したウールの場合、雨に濡れたままにしておくと、雑菌の繁殖だけでなく、ウールそのものの動物臭も強まってしまいます。

【対処法】

不快なニオイを発生させないための対処法をご紹介します。

ノンスメル清水香での対処法1
ノンスメル清水香での対処法2
ノンスメル清水香での対処法3

汗をつけない

汗自体は無臭です。しかし、汚れが混ざった汗を細菌が分解することでニオイを発生させます。汗をかきやすい移動中はジャケットを脱いだり、汗をかいた場合はすぐに拭き取ることが大切です。また、インナー(下着)を着ることで、汗がスーツに染み込むことを防いでくれます。

定期的に陰干しをする

雑菌の繁殖を防ぐためにも日ごろから、クローゼットにしまう前の陰干しをおすすめします。毎日できなくても定期的に行うのが効果的です。日当たりの良い場所で干せば殺菌効果もありますが、スーツの色褪せや傷む原因となるためおすすめできません。また、雨に濡れた場合は、風通しのよい場所でしっかり乾燥させましょう。

高熱のアイロンで殺菌をする

まずはブラッシングをして雑菌のエサとなる皮脂やホコリを落としましょう。その後に高熱のアイロンで殺菌。忙しいときは高温のスチームを吹きかけるだけでも効果的です。繊維に付着したニオイがスチームと一緒に蒸発することで嫌なニオイを取り除いてくれます。アイロンやスチームをかけたあとは風通しのよい場所で乾燥させることを忘れずに。

「油煙」は、とにかくスーツを遠ざけることが大切です。飲み会などではジャケットをお店に預けましょう。あとは毎日同じスーツにならないようにスーツを何着か用意したり上手な着回しや、定期的なクリーニングもお忘れなく。

スーツのメンテナンスは、ニオイ対策にもつながります。スーツも長持ちしますので日ごろからケアをすることをおすすめします。

ノンスメル清水香での対処法

消臭・除菌効果のある「ノンスメル清水香」をスーツにスプレーして、日頃からのニオイケアを心掛けましょう。スーツをハンガーにかけ、全体的にまんべんなくスプレー。脇など特に汗をかきやすい箇所は数回スプレーしてください。スプレー後は、通気性のよい場所でしっかり乾かしてから収納を。また、携帯用「ノンスメル清水香」を持ち歩けば、気になったときにすぐ消臭。カバンの中にひとつ入れておけば安心です。

カートボタン