もう悩まない♪ライフスタイルを
改善するニオイ攻略法

SCENE02キッチン・リビング編

部屋がなんだか油臭いけど、
ニオイの原因はどこ?

部屋がなんだか油臭いけど、ニオイの原因はどこ?

料理をした後は、部屋中に油っぽいニオイが漂っていて気になって仕方がない。そんなことはありませんか?調理中の油は、ガスコンロの周りに飛び散るだけでなく、加熱によって気体となり空気中に拡散されます。そのため、キッチンの換気扇はもちろん、天井やリビングのソファ、カーテン、カーペットにまでニオイが付着して、部屋全体に油のニオイが広がってしまいます。しかし、ニオイの原因は油だけではありません。放置したままの生ゴミによる腐敗臭、汚れ詰まりによる排水口のニオイなども悪臭になるので注意が必要です。

【対処法】

まずは予防から始めましょう。油汚れを放置しておくと、時間とともに酸化が進んでいきます。それがニオイの原因になるため、コンロ周りの油汚れはこまめに拭き取るようにしましょう。
ゴミ箱からのニオイが気になるときは、ゴミ箱そのものを見直す必要も。今ではほとんどの家庭が使っているプラスチック製のゴミ箱は、悪臭成分を吸着しやすいのが欠点。軽くて扱いやすいという利点もありますが、ニオイ対策をするならステンレス製に替えるのがおすすめです。
ほかにも、生ゴミはすぐに捨てる、野菜の切れ端などは冷蔵庫で一時保管して菌の繁殖を抑える、排水口はこまめにお掃除をして詰まりやヌメリを取るなど、ちょっとした心がけひとつでイヤなニオイを防ぐことができます。

ノンスメル清水香での対処法1
ノンスメル清水香での対処法2

ノンスメル清水香での対処法

気化した油が付着しやすいのは、表面に凹凸がある繊維素材。表面積が大きいソファやカーテン、クッションなどもそのひとつと言えます。料理のニオイは時間が経つと落ちにくくなるため、気になったらすぐに「ノンスメル清水香」をスプレーしましょう。