もう悩まない♪ライフスタイルを
改善するニオイ攻略法

SCENE07車編

車内にこもったニオイが原因で車酔いしてしまう

車内にこもったニオイが原因で車酔いしてしまう

車のような狭く閉ざされた空間は、些細なことが悪臭の原因となり、あっという間にニオイが広がってしまいます。車内のニオイの原因として考えられるのが、エアコン、タバコ、ペット、体臭や汗、そして食べかすといった食品臭などですが、どのニオイも車のシートに付着しやすく、染みついたニオイが悪臭の原因になります。とくに布製のシートは革製に比べニオイが付着しやすいため早めの対処が必要です。さらに、意外と見逃しがちなのがヘッドレストです。蒸れやすい後頭部や首すじは体臭が出やすい部分なので、ヘッドレストにニオイが染みつきやすくなります。

【対処法】

ニオイが気になったら、まずは車内のお掃除を。エアコンのニオイを気にする人も多いと思いますが、溜まったホコリからカビが発生しやすいフィルターを掃除・交換するだけでもかなり軽減できます。さらに内窓、ダッシュボード、ルーフなども、拭き掃除用の洗剤で汚れやニオイを拭き取ることができます。また、雨の後は生乾きのフロアマットも悪臭の原因になるため、定期的に洗うように心がけましょう。
空気がこもりがちな車内は、換気もニオイ対策の一つ。掃除をするときは、車内のシートやフロアマットを殺菌効果のある天日に当て、ドアや窓を全開にして空気を入れ換えましょう。大切な家族や友人に快適に乗ってもらうためにも、ニオイが気になったらすぐにお掃除を。

ノンスメル清水香での対処法1
ノンスメル清水香での対処法2

ノンスメル清水香での対処法

車内の悪臭が車酔いの原因になることもあるため、日頃からのニオイケアを心がけましましょう。車を降りるときにシートやヘッドレストに「ノンスメル清水香」をスプレーすれば、次に乗車するときが快適になります。